2015.07.09(木)鳥獣捕獲等事業者の群馬県第1号

  • 鳥獣対策

鳥獣捕獲等事業者の群馬県第1号
警備会社のノウハウを活用して鳥獣被害対策に挑む

平成27年5月29日、鳥獣保護法が改正され、環境省は保護から管理へと方針転換しました。
同時に認定鳥獣捕獲等事業者制度が導入されることが決定し、当社は群馬県知事より第1号の業者として認定されました。
この認定事業者には過去3年間における実績、一定数以上の狩猟免許を持った組織、安全管理規程策定など一定の条件がありますが、弊社はそれらをすべてクリアーし、高品質・高安全で信頼できる業者であると認められたことになります。

6月26日付けで株式会社シムックス(代表取締役社長 深澤利弘)は群馬県第1号として認定証を頂きました。
弊社の鳥獣捕獲事業は数年前より一般財団法人自然環境研究センター指導のもと取組んで参りました。
わなの設置~止め刺し(銃を使用しない)~サンプル採取~個体搬入(清掃センター)までをすべて実施しております。
従来、狩猟者にとって大きな負担となっていたわなの見回り業務は警備のノウハウを用いて自動通報化に成功しました。
昨年7月には鳥獣対策課を設置し全国で問題になっているニホンジカによる農作物被害、希少動植物物絶滅の危機に組織として対応していく事を決めました。
今回の認定取得により官公庁や民間企業に向け事業を展開していきます。

カテゴリー別の一覧

月別の一覧

2022年

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2009年